忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、検索内容によってはgoogleの上位にヒットすることに驚いているbenoitです。
って、それだけ扱っているネタがマイナーだという事でしょうかorz
さて、以前はバッツの全体像について語ったので、今回は具体的な作品について書いていきたいと思います。
この「バットマン ハッシュ」ですが、スーパーマンのコメントでも書いたジム・リーの作品です。さすがに、圧倒的な人気を誇るアーティストによる作品であり、とにかくバッツを中心に出てくるキャラがカッコイイ。
この作品は、いわゆるオールスターに近い悪役が出てきており、その一人一人が実に魅力的に描写されています。ジョーカーやキャットウーマンなどの有名どころのキャラもジム・リー独特の解釈の上でデザインされており、コスチュームの細かい部分なども手を抜くことなく描かれています。さらに、歴代のロビン(1~3代目)が全員出てくるところも見逃せません。
また、以前アメコミの敷居の高さについて書き込みましたが、このハッシュは、バットマンの流れを知る上でも比較的わかりやすい展開になっており、巻末の注釈をチェックしながら読めば、ストーリーについていけなくなるという事はないと思います。
ストーリーそのものは、正体不明の新たな敵ハッシュの正体とバッツを襲う理由を求めて、「世界最高の探偵」バットマンが仇敵と拳を交えながら捜査をしていくという物で、一応推理物仕立てになっております。
まあ、しかし推理物としては陳腐な出来でありハッシュの動機も「なんだ、そりゃ?」と思うよなこじ付けがましいものでした。しかし、とにかく有名どころの仇敵を数多く出そうという意図は正解で、そのぶんジム・リーのアートが味わえるという分をわきまえたストーリーともいえます。
バッツを初めて読むという方にも、お勧めできると思いますね。ちなみに、この雰囲気についていけない人はアメコミにむいていないかもしれません。他の作品は、ハッシュ以上に不親切な仕上がりになっていますので。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]