忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、臨床放射線技師を探しているbenoitです。なかなか見つからないなぁorz
さて、iTransport関連で気になったけど、エントリーをする程ではなかったことを幾つか。
まず、延長ケーブルのCablejive Dock Extender Cableですが、一度エントリーしたように、iTransportの使いかっては劇的に向上すると思います。
で、流れているデータはデジタルデータなので理論上は音は変わらないはずですが、今回もやはり音が変わったと思います。
具体的には、ケーブルを介した方が若干解像度が落ちて、音がぼやけてしまいます。
実は、聴いた当初から、そんな印象はあったのですが思い込みかなと考えて聞き比べしていませんでした。
ただ、どうしても気になるために聞き比べをしてみたところ、やはり差を感じました。
そんなわけで、結局現状ではケーブルを使用せずに、iTransport直差しで使用しています。
ただ、あまり細かいところまでこだわらなければ決して悪い製品ではないと思います。音の好みによっては、利便性の方が優位になるかと。

もう一つも、理論上は音が変わらないはずの話。
僕はiTransportには6GのiPod classic(80GB)を使用しているのですが、巷で言われているように、nanoやtouchのようなシリコンデバイスと音が変わるか試してみました。
これも、試す前は「多分、これは変わらないだろう」と思ってトライしてみましたが、見事に音が変わりました。
Touchの方が音の情報量が多く、S/N比の高いクリアな音になっています。
ただ、これに関しては純粋にHDDとシリコンの差が出ているとは言い難いと思います。
というのも、iTransportのデータというのはデジタルデータでありながらiPodのイコライザなどの影響を受ける事が判明していますので、HDD、シリコンの区別とは別に他の回路の影響を受けている可能性が高いからです。
ですので、もしかしたらシリコンデバイスである同じnanoやTouchでも、世代によって音が変わってくる可能性があります。
現時点でclassicよりTouchの音の方が好みですが、Touchの方は8Gなので全く容量が足りません。そうすると32Gのnanoを買って(nanoは16GBまででしたね。今さら16GBのデバイスを買うのもなぁ…)聞き比べしてみるのも面白いかも。

そんなわけで、前にも書いたことがあると思いますが、何故か理論上音の変化がしにくいはずのデジタル部分をいじった方が変化を感じ取れます。なんでかなぁ?

以下は独り言です。
昨日、今更ながらHalo3のcoopを友達とプレイしたら、すごく面白かった。実は、初coopだったんですが、対戦と違って殺伐とせずにプレイできて楽しいですね。
ちょっと、はまってしまいそう。

修理から帰ってきた箱は、以前書いたとおり布教用に使ってみました。知り合いのドクターにボーナスとしてプレゼント。
ちなみに、修理明細を見るとメインボード、サブボード、DVDドライブの交換となっていたが、早い話が中身は総取り替えのよう。これって、人件費を考えれば新品送った方が安くて早いんじゃないのか?

ではでは

拍手[0回]

PR
ども、最近どうも生活の歯車がかみ合っていないと感じるbenoitです。
さて、先日注文したiPodドックコネクタ用の延長ケーブルCablejive Dock Extender Cableが本日届きました。

で、早速自宅のiTransportとiPodをつないでみたのですが、予想通り使い勝手が劇的に向上しました。
前回書いたように、iTransportの一番の不満点は、音ではなく、ほぼ何の役にも立っていないリモコンだったのですが、この延長ケーブルによりiPodそのものがワイアードなリモコンと化すので、非常に便利です。
ヘッドホンやケーブルの聞き比べをしたい時でも、手元ですぐに聴きたい楽曲を選択・リプレイできますし、何のストレスもなくアルバム間やプレイリストの移動ができます。
あまり好きではなかった、カバーフローもリモコンの表示機能として考えると悪くないとまで思うようになってしまいましたww
もう、これはiTransportを使用している方には必須アイテムとしてお勧めしたいと思います。
ちなみに、対応も迅速で12日に注文、19日には手元に届きました。送料も$9ですし、次回お買い物用の10%offクーポンが付いてきたのも好印象でした。
まあ、他に買うもの無いんですけどねww

ではでは

拍手[0回]

こんなものをオーダーしてみました。
iPod用のオス-メスドックコネクタ延長ケーブルです。
iTransportの音自体は、すごく気に入ってるのだけれども、なにしろリモコンがダメダメなので、アルバム間を移動するのが非常にめんどくさい。
いちいちiPod本体のホイールを操作するか、ちょっと裏技的にカバーフロー画面でひとつひとつ(もの凄くモッサリとした動作で)アルバムを送るしかなかった。
実は購入前から、ドックコネクタの延長ケーブルがあればよいのにと思っていましたが、昨日2chのiTransport板を覗いていたら、まさに注文通りのものがあったので、早速オーダーしてみました。
これで、手元ですべての操作が出来るようになるので、使い勝手がグッと向上すると思います。
音ではなくて、使い勝手の面で不満があり、場合によってはPCオーディオも考えていましたが、個人的には、これでiTransportの欠点が克服できたと思います。
そうすると次は電源強化かな?
まあ、今のまでも十分満足だから、そのままでも良いかな。最近さすがに、経済的にも、気持ちの面でも購入ペースが早すぎる気がするので。
いいかげんに、脊髄反射で買い物するの止めなくっちゃなぁorz

ではでは

拍手[0回]

ども、最近ちょっと音の聴き比べに疲れてきたbenoitです。まとめてブツが届くと、こうなっちゃうんだよなぁ。
さて、発売まで注目を集めた割には、発売後のレビューをあまり見かけないiTransportですが、これはフツーにiPodがトランスポーターに成ったという事で、あまり劇的な変化が無いからではないかと思います。
僕の環境でも、PS3からの光出力と比較して「変わった…かな?」程度の差しか感じられませんでした。
思い込み上等で言うならば、若干音の解像度とメリハリがついて、音像がクッキリしたような気がします。ただ、ブラインドで聞き分けられるかと言われれば微妙だと思います。
元々僕の購入目的が、「CDの入れ替えから解放される」という事だったので、よほどの劣化でもない限り満足なんですよね。
もっとも、付属のクソリモコンでは、プレイ中のアルバムの範囲の中でしか楽曲の選択が出来ないという信じられないような仕様でしたので、アルバムを変える時は、結局iPodを直接操作するというダメな子なんですが。
ところが、WEB上で情報をあさっていると、「カバーフローで操作すると、アルバム選択画面まで戻れる」という情報をゲットした。
で、早速試してみると、キチンと戻れる。えらくモッサリとした動きだが、少なくともジュークボックス化に一歩近づいた。
これで、iTransportもずいぶん評価が上がってきました。
でも、リモコン自体にiPodのメニューに当たるボタンを付けた方が絶対便利だよな。このあたりが、オーディオメーカーゆえの気の回らなさかもしれない。
ところで、僕は同軸ケーブルが付属をしてくるの知らなくて、買っちゃたんですよね。
これを…
デジタルケーブルにこだわるなんて愚の骨頂とか思っていたんですけど、何故か気がついたら買ってましたorz
ここに2万出すならDT770PROでも買った方が良いだろう、常考。
差が感じられないと悔しいので、あえて付属品とは聴き比べしてません…

ではでは

拍手[0回]

とりあえず、レビューの前に外観だけでもうpしてみました。
まずは、外箱

開けたところ

そして、iPod classicをセット

iHA-1 V2.1に接続

ちなみに、絨毯は床を傷つけないように余り物を使っているだけなので、決して僕の趣味ではありません。
音のレビューは、もう少し聴き込んでから。

ではでは

拍手[0回]

カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]