忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、なんかだるさが抜けないbenoitです。
さて、そろそろエイジングも完了したと思うDT880MANUFAKTURのレビューをば。
まず外観ですが、すごく、クマホンです…って、これは僕のものだけですね。
とはいえ、外観をカスタマイズできるのもMANUFAKTURの大きな楽しみの一つなので、皆さんも注文する際には個性に走った方が面白いかもしれません。まあ、気に入らなくて、オクに出す時とかは苦労しそうだけど。
装着感は、非常良好。側圧もちょうど良い~やや緩めといったところで、長時間の装着でも苦になりません。布製のイヤーパッドもふかふかで、耳全体を覆うタイプなので、痛みがありません。
半開放型なので、音漏れや遮音性は悪い。開放型のDT990PROとほとんど変わらないような気がします。
しかしながら、音のヌケは今一つで、こちらに関しては密閉型の響きに近いと思います。音場は、ベイヤーらしく立体感があり、かなり広めに感じます。ただ、これもDT990程ではないと思いますね。一部の音が、ずいぶん遠くから聞こえてくる感じも、DT990と同じです。
バランスは、ほぼフラットといって良いと思います。若干、低音の響きが目立つかなとも思いますが、特に低音よりと表現するほどではないかと。
低音域は、キチンと沈んだ低音ですが、DT990のような量は出ていません。残響音がかなり目立ち、ふくらんだ印象があります。音そのものが柔らかい上に、残響音がこもるので低音の量が出ているようにも感じますが、音が残っているだけで、それほど量は出ていないと思います。
中音域は、ボーカル・主旋律ともに適度に前に出てきており、聞き取りやすいです。エッジが柔らかく、しっとりとした音ですが、それなりのヌケはあると思います。これは半開放型の構造通り、まさに密閉型と開放型の中間という感じ。中音域は、あまり残響音が目立つ事はありませんでした。
高音域は、キチンと伸びていますがシャリつく事もなく刺激は少ないです。ただ、高音においてもエッジが丸いため、いわゆるK701やオーテクのようなきらびやかな高音ではないと思います。そのために、それなりに音は出ていても、伸びが足りないと感じるかもしれません。
解像度は、標準的。これも音像がハッキリとしない事から、細かい音は、ややつぶれている。
音の厚みは、非常に厚く、重厚な音を聴かせてくれると思います。
全体的にウォームで、音の立ち上がりもゆっくり。非常にゆったりとした音です。そのなかで、ボーカルや主旋律はヌケが良いので、やや目立つかと思います。
前述した、低音域の残響音が支配的で、こもる感は大きい。量としては平均的なのですが、いつまでも音が残っているので、どうしても耳についてしまいます。
全体として、もう少しスッキリとした感じやヌケが欲しい。
せっかくのMANUFAKTURなので愛着はあるのですが、純粋にヘッドホンの評価としては、悪くはないけど、今一つ好みではなかったという結果でした。
まあ、なんだかんだでメインで使用していますけどね。

ではでは

拍手[0回]

PR
書こうと思ったんだけど、他の方のレビューとあまりにも感想が異なっていて、ちょっとビビっている。
単に僕の耳が愚耳なのか、MANUFAKTUR 600OHMは他と音が違うのか?
まあ、たぶん前者だと思うので、気にせず書くつもりですけど。
今日改めて、聴き直しをしてみるつもりです。

ではでは

拍手[0回]

ども、最近は海外組を続々と招集しているbenoitです。
今回は、ドイツからベイヤーのクマホンDT880 MANUFAKUTURが届きました。
皆さんから、さんざんたたかれたDT880ですが、負け惜しみではなく届いた実物を見ると、想像よりかなり良かったです。
というわけで、これ

どう、悪くないでしょう?
ちなみにサインは"Headpholic"
もちろん、こんな言葉はありません。"Headphone"+"holic"の造語です。"ヘッドホン中毒"という意味ですね。
まあ、これはしゃれであって、僕はヘッドホン廃人ではありません。まだまだフツーの人ですよ。
さて、明日にはSR-71AとAT-AD1000PRMが届くなぁ。
音のレビューは、また後日。

ではでは

追記
今日、DT880が届く直前にベイヤーに「僕のDT880、いつ届くん?」とメールしてしまった。だって、WEB上のステータスが実物が届いても"Not yet shipped"のままなんだもの。いいかげんだなぁww

拍手[0回]

僕のオーダーしたDT880マニュファクチュールだッ!!
ドッギャーーン


…やっぱり、悪趣味だったかなぁorz
せっかくのマニュファクチュールなんで、他の人とかぶったらやだなぁとか考えながらデザインしたら、こんなになっちゃいました。
最初は、白を基調にブルーのアクセントを付けるという、さわやか系のデザインにしたんですけど、付けてる人がさわやかさの欠片もないので、本人のイメージでデザインした結果だよ(;´д⊂
何かのイベントでうんこ色しぶいブラウン系のDT880を付けているおっさんがいたらbenoitだと思って、声でもかけてやって下さい。
あ、ゴミとか投げつけるのは止めといて下さいね…

ではでは

追加:最初に考えていたデザイン

拍手[0回]

カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]