忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

KH-K1000で音楽を聴くと、そのフツーさに癒される。
器用貧乏ともいえる子だけど、なんか何も考えずにボーッと聴いていると、妙に落ち着く。
装着感が緩いのも良い。
ある意味、究極のダラダラ用ヘッドホンかもしれない。
正直、出番は多くはないんだけど、絶対必要な子。

拍手[0回]

PR
ども、最近脂っこい物が食べられなくなったbenoitです。歳だなぁorz
さて、KenwoodのKH-K1000ですが、なにせ初めてレビューしたオーバーヘッド型のヘッドホンなので、もう一度レビューを。
Re:レビューなので、外観等はとばして音質のみを書いていきたいかと思います。
まずは、全体のバランスですが、ほぼフラット。ボーカルが若干目立つような気もしますが、これは楽曲にもよると思います。
低音域から高音域まで、ほぼ同じ音圧で非常に聴きやすい印象。
低域は、超低音は出ていないが十分な量が出ており、またキチンと締まった音。中音域へのつながりもスムーズ。
中音域は、ボーカル・主旋律がしっかりと前に出てくる。特にボーカルはかすれたりザラつくことがなく、非常に聞き取りやすい。音の厚みはそれなりにあるが、あまり重厚な感じはしない。音の分離はすぐれている。
細かい音を拾うという意味での解像度は、価格なりといったところか。
高音域は素直で、それなりに伸びる。シャリつく感じは皆無。エッジもきつくなく、刺さるような音はしない。
音場は、やや狭い。音が若干後ろに回り込むような感じがあるので、一聴して広いような感覚もあるが、良く聴くとわりと狭い範囲に音が収まっている。密閉型としては、こもりは少ない方。
音の硬さは、ニュートラルからやや柔らかい音。若干ウォームな感じもあるが、音の温度も、ほぼニュートラル。
打楽器などの響きは乾いており歯切れ良く聴きやすい。
音の立ち上がりは早く、やや残響音が残る。この残響音が、こもりを感じさせるのかもしれない。
トータルの印象としては、とにかくニュートラルで聴きやすい。
ただ、CD900STなど比較して音の厚みがあり、若干のウォーム感があるため、あまりモニタライクな印象は受けない。
特に苦手なジャンルはなく、何でも素直にならしてくれる。あえて言うなら女性ボーカルものが適度に高音が丸められて聞きやすいか?
ただ、優等生ではあるものの、この曲はこのヘッドホンで聴きたいと思わせるような強烈な個性はなく、ヘッドホンとしての音はやや退屈かもしれない。
新・萌えるヘッドホン読本で高得点をマークしているが、たしかにヘッドホン生活の第一歩としてはお勧めのヘッドホンだと思います。

ではでは

拍手[1回]

ども、最近色々とリンクを増やさせていただいているbenoitです。
よく考えてみると、リンク先をたどるだけで十分な情報が得られるので、このブログが必要ないような気になって落ち込んでいるのは、君と僕だけの秘密。
さて、事実上初めてのオーバーヘッド型ヘッドホンのレビューとなります。なにせ、比較対象がありませんので、本当にタダの感想文だと思って、生暖かい目で見守ってやって下さい。
まず外観ですが、ハウジングはキラキラのシャンパンゴールド。特に派手には感じませんが、かといって高級感があるわけでもありません。まあ、値段なりの作りかなと思います。
頭頂部に当たるバンドは、伸縮性があり長時間(映画1本程度)なら特に痛みを感じることもありませんでした。
イヤーパッドは、WEBで資料をあさる限りは、やや薄いようですが、これも装着感は悪くなく、耳全体を覆う感じで不快感はありません。側圧は若干弱いような気もしますが、特にずれてしまうようなこともありませんでしたので、適度ではないかと思います。
遮音性は、当然のことながらカナル型に比較すれば良くはりません。音楽を鳴らしていなければ、普通の会話レベルの音でも聞こえます。
音漏れに関しては、何度も書くようですが友達がいないので(ry
音質に関してですが、まずは音場はかなり広く感じます。ただ、これは比較対象がカナル型なので広く感じないはずがありませんので、オーバーヘッドの密閉型として、どの程度のもであるのかは判断できません。
少なくとも、僕が聞く限りではオーケストラなどは小さなホールで聞くような感覚があり、特に閉塞性を感じる事はありませんでした。
このあたりに関しては、開放型のK701が届いたら比較してみたいかと思います。
解像度は、まあまあと言ったところ。細かい音まで拾ってはいますが、一部中音域で音が一塊に鳴っているような印象があります。音の繊細さは10Proの方が勝っているような気がします。
音の硬さは、キチンと硬い音は硬く、柔らかい音は柔らかく再現されていると思います。
高音域は、普通かなぁ。特にこもる感じも突き抜ける感じもありません。
中音域は、音に厚みにあり芯がある感じ。前述のように若干音がかたまる印象はありますが、表現力は豊かで音に艶があります。あまり冷たい感じはなく、暖かい感じの響きだと思います。
低音は、シッカリと出ていると思うのですが、これも比較対象が低音に弱いカナル型なので、出ていると感じて当然かとは思います。
フロアノイズは、ほとんど拾っておらず、バックはキチンと黒いままでした。
とりあえずは、こんなところ。
また、意見が変わってきたら、コッソリ書き直すかも。

ではでは

拍手[0回]

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]