忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、昨日は新しいPCの環境整備で夜更かししてしまったbenoitです。
DELLのInspironなんですが、15インチのノートなのにキー配列が特殊な事に驚いた。使いにくいよorz
さて、最近はAD1000PRMとDT880MANUFAKUTURのヘビーローテートだったので、気分転換にPROline2500を聴き込んでみました。
まず外観ですが、PROシリーズはほとんど同じ。すごく、青いです…
まあ、同じ事書かなくていいよね。
側圧は若干強めですが、極端な物では無いと思います。イヤーパッドは、やや薄めで、密着性は普通からやや弱い。布製なので、やはりスキンの物よりは、スキマが生じやすい。
遮音性や音漏れ防止は、開放型としては、やや良い方か?
開放型としての音のヌケは普通。音場に関しては、僕はどれを聴いてもS-Logicの恩恵はあまり感じられません。まあまあの広がりは感じますが、K701やHD650程の広がりではないかと思います。また、特に前方定位も感じられませんでした。
S-Logicに関しては、他の方のレビューでも、「S-Logic、スゲー。」というレビューを読んだ事がないので、たぶん微妙な機能なんじゃないかと思っています。
バランスは、低音よりの明らかなドンシャリ。
低音域は、量感はタップリなのですが、締まりが悪く、ボワボワしたような音に感じます。それでも、巷で言われてるように暴れてしょうがないという感じではないと思いますね。それを言い出したらPRO900なんかは…
同じ低音域でも、ドラムなどはふくらみますが、硬めの音は比較的締まった音も出ていると思います。
中音域は、ややボーカル・主旋律が遠く感じる事もありますが、極端な物では無く、特に中音域が凹むというほどではないと思います。
ボーカルの音質そのものは、ゾネらしく粒が粗く人工的な音。これは欠点と言うよりは特徴だと思いますので、これを好むかどうかで、ゾネの評価が分かれくるんじゃないかと思っています。
高音域は、それなりに伸びはありますが、エッジがきつく刺さる高音だと思います。特に女性ボーカルのサ行に限らなくても、シンバルや男性ボーカルでも結構刺さりますね。また、中音域同様に音の粒は粗いと思います。
解像度は、全体的に値段なり。特に良くも悪くもないかと思います。一部の細かい音は、拾いきれていない印象があると思います。もともと、あまり細かく音を追っていくようなヘッドホンではないので、問題はないかと。
音の厚みは、あまり感じられず、全体的にざらついた音。
全体の評価としては、ややウォームなヘッドホンだと思いますが、音域によって音の硬さや、響きに差があり。低音域は柔らかくウォーム、中・高音域でやや音が硬くなる印象があります。
音の立ち上がりは、中・高音域に関しては非常にスピード感があり、キレとノリのある音だと思います。
得意なジャンルは、やはりロックだと思います。低音の締まり無さから、ロックに不向きという評価もあるようですが、僕としては中・高音域のノリの良さの方が上回っているんではないかと。
逆に不得手な物は、クラシック、ジャズなどの生楽器の音がキモになるものだと思います。どうしても音が人工的なので、生楽器独特の艶が感じられません。
PROシリーズは、良くも悪くも独特な音ですので評価が分かれるのは、仕方がないかなぁ。現時点では、PROシリーズの中ではPROline2500が一番バランスがとれているんじゃないかと思います。

ではでは

拍手[0回]

PR
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]