忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、やっと時間が出来て「RAW」(プロレスです)を観ようと思ったら、真っ暗な画面が2時間録画されていて立ち直れないbenoitです。
さて、今日は世間の流れに身を任せ、魂を売って世論の尻馬に乗っかろうと思っています。

まず、あの判定ですが、確かに皆さんの言うとおり納得のいくものではなかったと思います。僕も日本人として亀田の勝利を祈ってい(ry

なんてことは、当然書きません。だって、そもそも試合自体見てませんから。
まあ、ぶっちゃけ亀田にもボクシングにも全く興味がありません。ただ、今回の騒動を取り巻く周りの反応は面白いと思います。この不可解な判定に対する、利権を持つ側の不正に対し、するどく切り込んで行き(ry

なんてことは、当然書きません。そんな議論は、メジャーな所でも2chでも、既に十分議論されていると思いますので。

で、今回のいわゆる「亀田騒動」を通して何を思ったのかというと、「ああ、プロレスがメジャーになるのは、やはり無理なのだなぁ」という、きわめてどうでも良い感想です。
これは、昔からプロレスを見ている人たちには判ってもらえるでしょうが、「この程度の裏切りや不正でなにをギャーギャー騒いでるんだ」という感がぬぐえません。
ボクシングも含め、野球やサッカーなどのメジャースポーツのファンに比べて「プロレスファン」は比較することが出来ないくらい大きな失望や、怒りを感じてきたのです。
スポーツですらない、大の男がとっくみあう八百長に夢中になって、周りから白い眼で見られ、「不正判定」「頭突き」「急にボールがきたもので」なんて事は日常茶飯事で、何度裏切られても「次回までは信じてみよう」と思って、結局次も裏切られても「それでもプロレスが好きだから、しょうがないorz」と悟りの境地に達した人しかプロレスファンになれないのです。
しかし、今回の亀田騒動を見てみると、この程度の疑惑判定で大騒ぎです、当然この程度のことで熱くなってしまう人たちはプロレスファンになれるはずも無く、1週間もすれば亀田騒動自体、「ああ、そんなこともあったね。」で終わってしまうのでしょう。
それに比べると10年以上前の「モントリオール事件」に対し、しつこく野次を飛ばすカナダ人や、いまだに佐山に対し「タイガーのマスクは布キレじゃねえよ」と憤るプロレスファンは、なんと心が狭い熱心なのでしょう。

そんなわけでプロレスファンは馬鹿で偏屈な純粋で厳格な人にしかなれないのです。
まあ、皆さんも35歳にもなって「アンダーテイカーは、本当に毎回死んだ上で復活してるんだよ。」などと力説するような心のかわいそうな人にならないよう気をつけてくださいね。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]