忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、本日2回目更新のbenoitです。
アクセス解析をすると、E500で検索されている方が多いので、ちょと追加のレヴューをさせてください。
前回は、比較したヘッドホンなど具体的な環境を書かなかったので、まず試聴環境から
iPOD:5代目 30G
比較ヘッドホン:ER6i
イヤーパッド:デフォルトのまま
ソース:歌謡曲(J-POPなんて表現は禁止、禁止) AAC 128kbps, apple lossless
     クラッシク、ボサ ノヴァ AAC 128kbps
耳:benoitのへっぽこ耳

すでにキチンとしたAVファンの方が十分なレヴューを書いておられるのですが、逆にあくまでも素人の耳での感想を書いていきたいと思います。
まず、第一の印象は「低音が強い」ということです、カナル型のヘッドホンは上手く耳にねじ込まないと低音が抜けてスカスカの音になってしまうのですが、E500無理にねじ込まなくても十分な低音が得られます。特にドンシャリという感じではありませんがER6iと比較すると明らかに低音が響きます。
高音域の解像度が荒いというレヴューもあるようですが、僕の耳でははっきりしませんでした。ただ、ER6iと比較すると、全体的にクリアな感じがやや落ちて、しっとりとした音質のような気がします。また、全体的に音に厚みが感じられ、キンキン響くような感覚は皆無でした。
歌謡曲に関しては、前述の通り、ボーカル、低音共にしっかりとしており、中音域の細かい音もしっかりと拾えました。
クラシックは、音の厚みが効果的に発揮されており、全体的に荘厳な雰囲気がました印象を受けました。こちらも、やや低音が強い。

装着感は悪くないのですが、耳を回りこむようにコードを取り回さないと、不恰好な上にヘッドホンが抜けやすくなります。僕は眼鏡をかけているので、耳を回りこむ取り回しはちょっとうっとうしいです。

PTHは、前述の通り必要なし。その分安くしてください。

総論としては、音質は十分に満足いくものでした。
人間というものは、現在の環境をデフォルトと感じるので、今では音質に対する感動のようなものはありませんが、ER6iに戻れるかと訊かれれば「No」なので、フラッグシップとして恥じない製品だと思います。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Sサイズのイヤーパッド
どうもTBありがとうございます。
自分のサイトのレビューを更新できてないんですが(汗
もしSサイズのイヤーパッドを試してないようでしたら、ちょっと深めに耳に入れる感じで試してみてください。
音が変わります!
それでは。
緋村 URL 2006/08/09(Wed)23:27:24 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]