忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、休みの日にクレマチスの丘に行ってきたbenoitです。
なかなかの晴天に恵まれて自然を満喫できました。と言っても、僕は田舎住まいなので、普段から田んぼなどの自然にはかこまれているのですが…
さて、今回は「水木しげるの妖怪道」目当てに出かけました。これは、水木先生が「東海道53次」の版画に対応させて、「妖怪道53次」の原画を手がけるという趣向のものです。
京極夏彦から妖怪に興味を持つようになった典型的なにわか妖怪ファンの僕ですが、これは抑えておきたいということで、家族で遊びに行きました。
展示としては上段に安藤広重の東海道53次が飾られており、下段に対応する妖怪道53次が飾られています。展示間隔は上下・左右共に適当で、非常に見やすい展示方法でした。やはり安藤広重の版画と比べてみていかないと、面白さが半減してしまいますからね。
また、妖怪道の版画の隣にはシチュエーションの説明や、描かれている妖怪についてが記載されています。ただ残念ながら、これはごく簡単なもので描かれているすべての妖怪の名前や性格が説明されているものではありません。
日本橋から京都まで、1枚1枚丁寧にみていくと30~40分ぐらいは十分にかかり、なかなか見ごたえがありました。中央には、妖怪たちのブロンズ像が展示してありましたが、まあ、これはオマケでしょう。
あと、いわゆる「ヒュードロドロ」のBGMが、床に置かれたCDコンポから流れていました。これは興ざめで館内の固定スピーカから流すか、いっそのことBGMなんて流すのを止めてしまった方が良かったと思います。「妖怪だから、お化け屋敷の音楽流しとけ」といったステレオタイプの考え方をチープな音響で再生するというコンボは勘弁してください。
ただ、全体としては展示方法、ボリューム共に満足できるものであり、お近くの妖怪ファンの皆さんにはお勧めの展示会でした。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

追記:妖怪の詳しい説明は、これに載っています。うちの長男もお気に入りで「いろんな妖怪の本」といって喜んでます。
amazonさんでは売り切れのようですが、現地のミュージアムショップでは普通に売ってました。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
妖怪道
はじめまして。TBありがとうございました。
私もあのチープなコンポ(ラジカセ?!)が気になりました(笑)

でも、本家の五十三次と比較しながら見ることができたり、とても楽しかった展示です。
子供の頃、アニメの鬼太郎を見て育ちましたが、展示を見ていた子供たちは知らない子が多そうでしたが、みんな楽しんでいて嬉しかったです。
みゆみゆ URL 2006/09/05(Tue)13:32:19 編集
無題
ほほう、クレマチスの丘は建物を見に来週行こうと思っていたんだよ。
水木先生の作品まで展示されていようとは。
必ず行こうっと。
蒼酔亭 URL 2006/09/06(Wed)11:12:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]