忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、最近は飲み会と冠婚葬祭が続いているbenoitです。
さて、Android端末を使い始めてから、まだ間もない僕が言うのもおこがましいのですが、誰も言わないので声高に「Android端末の最大のアドバンテージは”戻るボタン”にある」と言ってみたいと思います。
それまで、WMやiPod touchのUIをみてきて、初めてAndroid端末の”戻る”ボタンを体感したときは、衝撃が走りました。
なんと言っても、すばらしいのが「アプリケーションの垣根を越えて戻る事が出来る」事だと思います。
例えばtwitterクライアントからWEBリンクをたどればブラウザが起動します。まあ、ここまでは、当然でしょう。"戻るボタン"が凄いのは、リンク先のWEBを読んだ後に戻るボタンを押すだけで、異なるアプリであるtwitterクイアントに戻ってくる事が出来るのです。
もちろん、マーケットやメディアギャラリーでも同様の操作が行えます。また、アプリに依存しないハードキーであるため、操作感が統一されており迷う事がありません。
まあ、このハードキーによるアプリを越えた統一感というのはホームやメニューボタンでも同様だと思います。
これだけ便利な機能が標準搭載されているというのは、デスクトップのOSも含めて、ちょっと今までに見た事がありません。同じような衝撃を受けたものにoperaの"巻き戻し"ボタンがありますが、あれはアプリの垣根を越えるようなものではありませんでした。
そんなわけで、僕はUIやカスタマイズ性の高さよりも"戻るボタン"最強と言ってみたいと思います。

ではでは

追記:なんかiPhoneのecho phoneでも、似たような事は出来た。ただ、これはecho phoneというアプリの中で画像の参照をしているだけだと思うので、やはり"戻るボタン"は偉大だと思う。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]