忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、今週はいつもよりスケジュールがキツイbenoitです。
さて、まだ十分なエイジングも済んでいないと思いますが、新製品なので購入予定の方のいくらかでも足しになればと言う事で、ファースト・インプレッションを。
まず外観ですが、当然AD1000とほぼ変わりません。ドライバのカバーも荒いメッシュで、ドライバを保護する最低限の物。ケーブルは両出しに変更となっていますが、特に取り回しに困る事はありませんでした。
装着感は抜群で、オーテクのウィングサポートの本領発揮といったところか。おそらく、いままで使用した事があるヘッドホンの中でも1番の付け心地じゃないかと思います。AD2000を選ばずにAD1000PRMにした理由の一つが装着感なので、これは大満足。
遮音性と音漏れ防止は皆無。
音のバランスは、高音よりのフラット。と言うよりか、低音が少し弱すぎるかも?
音場は、開放型のヘッドホンとしては平均的。ヌケはよいが、平面的で奥行きが感じられない。
低音は、やや不足気味に思える。ベースやドラムのアタック感に乏しく、迫力に欠ける。量自体が少ない上に、厚みが無く軽く感じられる。
中音域は、メリハリのきいたクリアな音。解像度も高くボーカルや楽器が良く分離している。特に女性ボーカルなどは、非常にキレイに聴かせてくれる。低音域が弱いせいもあって、キチンとボーカルや主旋律が前に出てくる。
高音域も非常にキレイな高音。伸びが良く、ほどよい刺激を保ちながらも、あまり刺さる感じがしない。シンバルなどもシャリつく事は、ほとんど無い。解像度も高く、きらびやか。同じオーテクのCK10を思い出させる音。
音の質としては、全体的に硬く冷たい音。解像度や分離感に優れる代わりに、音の厚みはなく軽く感じる。
残響音は、さほど目立たずスッと消えていく感じ。
トータルとして、モニタライクにキッチリとした音を聴かせてくれるヘッドホンだと思います。
特徴的なのは、高音のきらびやかさ。女性ボーカルやフルートなどの優しい音から、シンバルなどの金属的な音までキチンと表現されている。
オーテクのオーバーヘッドは初めての購入なのですが、ほぼ事前の噂通りの音だったと思います。
ちなみに、レビューが断定的なのは当直明けで頭が回らないので、箇条書きしか出来ないためです。そのあたりは、ご容赦ください。

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
AD2000のドライバー使ってるって噂を聞いたんですが、レビューを読む限りだとAD1000に近い感じみたいですね。
AD2000持ってますが、各地で言われているようにオーテクらしくない重厚な音で気に入ってますよー。
うぐぅ〜 2008/10/21(Tue)15:57:12 編集
無題
うーん、僕としてはAD2000の音+AD1000の装着感という理想を求めて買ってみたんですけど、ちょっと違ったみたいですね。
ちなみに、噂ではなくドライバはAD2000と同じものですww
benoit 2008/10/21(Tue)17:38:02 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]