忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、ESW10が欲しくなりましたが、冷静に考えれば引きこもりなのでポータブルは必要ないと気づいたbenoitです。
さて、ちょっと残念なニュアンスでファースト・インプレッションを書いたAD1000PRMですが、50時間ほど鳴らしたところから結構音が変わってきました。
まず、低音域ですが量的には、やはり少ないものの締まりが出てきて、音の厚みも増したため、存在感が出てきました。同時に、高音域の刺激が和らいできましたので、よりフラットで聴きやすい音になってきたと思います。
また、平面的に感じた音場も、奥行きが出てきて立体感を感じられるようなって来ました。
そんなわけで、現時点ではかなり評価が上がってきています。
どうやら、AD1000PRMは、やれば出来る子のよう。
現在も、絶賛エイジング中。

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
そもそも出てる事すら知らなかったです^^;
あれ。。今年は打ち止め。。あれ?w
オーテクのオープンエアって試したことないんですけど、地味に実力がある子が多そうですね
ed URL 2008/10/23(Thu)11:25:53 編集
無題
いや、AD1000PRMは打ち止め宣言前にオーダー済みだったので、セーフなのですよ。
発売すらスルーされていたそうですが、やはりAD200があるので中途半端な子と言われるかもしれません。でも、上手くいけばAD2000の音質+AD1000の付け心地となる…かも?
benoit 2008/10/23(Thu)18:09:54 編集
リミテッド 財布の中身も リミテッド(涙)
評価よさそうなので気になってきました…まずいです。
うちだとオーテクはものはいいのはわかってるのになぜか手元に残らないんですけどね(苦笑)。
はじめのインプレでもいわゆるオーテクって感じでしたので、ドライバの素材もいいものなのにやっぱりそうなっちゃうの?って思ってたんですが、時間経過で変わってくるなら面白そうだし、限定品なんですよね…って、散財計画立ててるわけじゃないですよ?
しばらくは無理です!(苦笑)
釘町阿梨 URL 2008/10/24(Fri)10:09:25 編集
無題
釘町さん、限定ですよ、限定。
財布はアンリミテッド・サガにしましょう。(意味不明)
まあ、冗談はさておいて、いわゆるオーテクの音が好きな人には、悪くないんじゃないかと思います。
ただ、僕の場合AD1000とAD2000の音を聴いた事がないので、そのあたりが評価できないんですよね。
benoit 2008/10/24(Fri)11:28:07 編集
そそのかさなさな?
来月まで売れ残ってたらあるいは…って、なんてことを!w
実際W1000を手放したのはそこそこ後悔してるんですが、どうせ買うなら別のも面白いかなと。
でも正直なところいつも出番が少ないんですよね、オーテク。いい音なんだけどその鋭さが気合入れて向き合わないとって気にさせられちゃうので…独特の高音は魅力なんですけどね。

お財布アンリミテッドにしたら死んじゃいます(涙)。
釘町阿梨 URL 2008/10/25(Sat)18:16:36 編集
無題
正直、キチンと気合いを入れて聴かないと、聴き疲れする面はあると思います。
ただ、これはオーテクに限らず解像度が高い機種に共通する事だと思います。
まあ、流して聴くのには向かないような気がしますね。
benoit 2008/10/27(Mon)20:38:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]