忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、だるくて、いつまででも寝ていたいbenoitです。
今日はSHURE E500PTHのレビューで出てきた「MY FOOT」について書いていきたいと思います。
これはthe pillowsの最新アルバムで、最近のbenoitのお気に入りとなっています。
このピロウウズというバンドも、あまりメジャーとは言いがたいのでご存じない方も多いかと思いますが、そのへんはWiki先生にお任せしたいと思います。(いや、さすがに本題の前の説明が長いのは飽きましたよね。手抜きじゃないよ)
さて、この「MY FOOT」ですが1曲目のMY FOOTからなかなかの佳曲が続きます。なんといっても30後半の男が「僕は今もストレンジャー」とか歌っているのがステキです。まさしくラーメンズの路上のギリジンで歌われた「最近の歌謡曲は、みんなこんな感じ~」で揶揄された歌詞そのもの。その後も、高校生が考えたり、好みそうな歌詞の曲が続きます。

って、褒めてないよ!!とツッコミたいところですが、これは僕なりに褒めてるんです。pillowsは、「ちょっとデビュー15年以上経っているおっさん達が歌うには恥ずかしいだろ」という曲を照れることなく真正面から歌うところがいいんです。そこにわずかでも照れや小細工が存在すると目も当てられないのですが、pillowsはキチンと直球で攻めてきます。
なんというかアルバム全体から「俺達これしか出来ないから、とことんやるしかないじゃん」という開き直り悟りが伝わってきて、これが独特の軽快なリズムとあいまって非常に心地よく耳に響くんですね。
歌そのものに、ある程度のメッセージ性はあるのですが、深みは皆無といってもいいかもしれません。ただ、これも深みが無いところがじわじわと心に染みてきます。
たとえばムーンライダーズなんかの歌詞がなかば散文詩として独立しているのとは異なり、深く切り込んでくるような鋭さはありません。「歌」として聴いたときに始めて開き直りの向こう側にあるテーマがぼんやりと垣間見えるような感じです。
けっして万人受けする歌ではありませんが(もちろん、今までも万人受けするものを紹介したことも無いのですが)、是非とも同世代のおじさんに聴いてもらいたいアルバムです。
ちょっと、尻切れトンボですが、もう少し考えてから書き足すと思いますので、今日のところはこのへんで。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]