忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、ストレスは多いですが子供の笑顔に救われているbenoitです。
息子かわいいよ、息子。
さて、すっかり音が安定してきたiHA-1 V2.1ですが、そろそろエイジング後のレビューを。
エイジング後の変化としては、当初の鋭さが形を潜め、音の硬さがとれメロディが滑らかになった印象があります。それに伴って、やや冷たく感じた音色がニュートラルによってきたような気がします。
とはいえ、あくまでも当初と比べての話で、音自体は硬め・寒色系のままだと思います。
それと同時に、中音域のザラつきも減ってきたようですが、トレードオフとして若干解像度落ちたような気がします。ただ、これは音のエッジが柔らかくなってきたため、そう感じただけかもしれません。
トータルとしては、やや過剰に感じた部分の角が取れて、より聞きやすくなってきた印象があります。ただ、個人的にはエイジング前のカリカリした音も結構魅力的だったと思いますね。
後は、比較としてPS3をプレイヤーとしてアナログ入力も試してみましたが、これは、あまり変化が無かったような気がします。
若干、音の丸みが増したかな?と思わなくも無いですが、たぶんブラインドでは聞き分けられないんじゃないかな。
僕の耳では、聞き取れた変化はこの程度です。文章に「と思う」「印象」という言葉が多いのは自信が無いから。
二つの音を聞き分けるのは、愚耳でも感じたままを書けばよいけれども、エイジング後の比較など時系列に沿った比較は印象以上のものではないからなぁ。
まあ、仕事として評価するのなら、同じ機材を何10時間かごとにずらして用意するくらいは必要だと思うけど、さすがそこまではできませんww
というわけで、今回も感想文で勘弁してくださいorz

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
感想納得です、概ねわたしもそのように思いました。
ただ、DACに関しては著しい向上を感じるのですが、アンプ部はやっぱりチューン前の方が好みだったなとも思いつつ、両方比べてみたい気分です。
チューン前の方が音が遠いといえば遠いんですが空間的面白みはあったように思います。
チューン後で今120時間は経過して落ち着いてきた?とも思い聴いていると到着直後のステージの間近さというのはなくなって適度に広がったように感じますが、チューン前に楽しんでた『えらく広い立体感』というのとは違う気がしています。気のせい、思いすごしならいいのですが…。
こうなるとノーマルやiVHA-1とも比べてみたいなと思うのですが、現実的にそこまで揃えられないのが残念ですね。
PS3がデジタルとアナログでさほど変わらないというのは、PS3のDACは結構優秀ってことでしょうか。
ケーブルでもだいぶ変わりそうな気がするので興味は尽きないですが懐が尽きてます(涙)。
釘町阿梨 URL 2008/09/02(Tue)03:08:21 編集
無題
あまり見当外れな事は書かなかったようで、安心しました。
今後、iDAC-1やアナログ入力のアンプなどもありますし、izoは要チェックですね。事務処理などは、かなりミスが目立ちますが、僕はドジッ娘に脳内変換して楽しむ事にしています。
っていうか、現時点でユーザー登録してから1週間以上たつけど返事がないww

ではでは
benoit URL 2008/09/02(Tue)09:19:06 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]