忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、朝から少し頭痛がするbenoitです。

奥田英朗の「真夜中のマーチ」読了。
肩の力を抜いて読めるラノベ風の作品。というかラノベ。
でも、作品全体が軽快でテンポがよく、気持ちよく最後まで読ませてもらえました。
特にヒロインのクロチェが魅力的。
どうも、僕は高飛車な美人に弱いので、それだけで高得点。
まあ、現実の世界では、それで酷い目にあったこともあsdふじこ

片桐仁ときたろう主演の「泥坊役者」視聴。
ちょうど、つい先日三谷幸喜の「~アパッチ砦の攻防~戸惑いの日曜日」を観たばかりなのだが、シチュエーションや物語の構造は同系。他人の家に忍び込んだ主人公の下に、本当の住人や、サラリーマンなどが次々と訪れ場が混乱していくというコメディ。
当然、片桐もきたろうも大好きなのだが、いかんせんシナリオの完成度が段違い。
ほぼ同じ物語の構造で話が進んでいくだけに、余計に完成度の差が浮き彫りになる形でした。
片桐ときたろうのカワイサが判る人間には、まあまあのできだが、それ以上のものはない。
前半は言葉遊びや小ネタがところどころに効いていて、楽しく観られたのだが、後半になるにつれて平凡な出来に。ラストも、やや強引な気がする。
以前も書いたと思うのだが、僕は「強引さ」そのものを否定するつもりは全くない。ただ、その強引さを自然に見せかけられるかどうかがライターの力量だと思う。残念ながら本作においては「不自然な強引さ」が目立ったか。

今日は、こんなところ。
ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]