忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、やっとPerfumeの新しいシングルを聴いたbenoitです。
相変わらず意味が通じそうで通じてない歌詞とテクノの組み合わせが絶妙。これで、ビジュアルがもう少し(ry
さて、好感触のファーストインプレッションだったEX700ですが、今回はE500と色々と聴き比べてみました。
前回書いたようにベクトルの方向が違うヘッドホンなので、単純な比較は意味が無いかもしれませんが、一応参考までに。
まず音の厚みですが、これはE500の圧勝。
EX700も音の張りは十分にあるのですが、厚みという面ではいまひとつ。聴きやすく、元気のある音なのですが、何というか音に深みが無い。ロックと歌謡曲中心の試聴でも、そう感じるのでクラシック中心に音楽を聞かれる方には不向きかもしれません。
また、音の解像度ですが、これもE500の圧勝。
楽器の音が重なるシーンでは細やかな音の拾い方が、ぜんぜん違います。そして、この差がそのまま音の密度の違いになってくるんではないでしょうか。
ボーカルは、EX700もE500も十分に前に出てくる響き方。若干、E500の方がボーカルが目立つ。
音場は、EX700の方が広く感じました。音のメリハリがはっきりしているせいか?
というわけで、真っ向から比べてしまうとE500に分があるのですが、ここには書かなかった「聴きやすさ」に差があるんですよね。
神経質に音に集中して聴けば、明らかにE500の方が優れています。しかし、肩の力を抜いてBGM的な聴き方をすると、非常に心地よい鳴り方をしてくれます。
ガチガチに原音を再生しようという考え方ではなく、聴きやすくカスタマイズして鳴らそうという音作りが、すごく上手くいっているかと思います。また、そのカスタマイズが絶妙で、嫌味にならないように素直な音出してくれるので、いわゆる聴き疲れがありません。
そういったわけで、肩の力を抜いて音楽を聴くときにはお勧めのヘッドホンだと思います。
仕事でもない限り、音楽なんて肩の力を抜いて聴いたほうが良いと思うので、これは一つの正解のヘッドホンではないでしょうか。

ではでは

しつこいようですが、よろしかったらみんぽすで評価していただければ嬉しいです。benoitの励みになりますので。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]