忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、今日は地元のお祭りに行ってきたbenoitです。
さて、今回はめずらしく予告どおりにHP-FX500のレビューをしていきたいと思います。
WEBをあさったところ、比較的好意的な意見が多いので、期待をしながら試聴してみました。
まず、外観ですがプラスチックが一般的なカナル型のヘッドホンの中でハウジングまでもがウッドというのは確かに面白い。
正直なところ、ウッドハウジングが音響的にどんな影響を及ぼすかというのは、まったくもって判らないのだけれども、個性的ではある。
ただ、別に高級感はないし、オッサン臭い外観ともいえる。
また、付属のイヤーピースだが、これはいろいろな方がレビューしているように、かなり小さい。
特に、低反発イヤーピースなんかは、子供じゃなければフィットしないだろうと思うぐらい小さい。他人様の耳の大きさの平均なんかは知らないのだけれども、どう考えても小さすぎるだろう常考。
僕はたいていのカナルではMサイズに当たるものか、スポンジのピースを使用するんだけれども、FX500に関してはLサイズでちょうど良い。普段からLサイズを使用している人は、結構厳しいじゃないだろうか。
とりあず、僕の場合はLサイズを使用すれば、遮音性もボチボチといったところ。
さて、次に肝心の音質ですがトータルな結論としては、値段の割には良いかなといったところ。当然ながらE500や10Proと比較できるレベルではない。
まず特徴としては、音の抜けの良さがある。開口部が比較的大きいので、それに比して音はクリアに抜ける。ただ、音の密度はいまひとつで、解像度も平均的。
特に中~高音に関しては音に厚みがなく、軽い感じがする。かなり低音よりのチューニングなので、低音は十分出ている。ただし、低音は鈍い響き方で音のエッジは立っていない。ボンボンと響いているのだが、音の輪郭がハッキリとしないので、何かサスペンションの柔らかすぎる車に乗っているような違和感がある。
中音域は、ボーカルはやや引き気味。解像度は、あまり高くなく音がひと塊りになりがち。高音域は、明らかに弱く鳴らし切れていない印象がある。
音場は、平均的なところか。ただ、バックグラウンドの音は比較的耳のそばでなるような事が時々ある。

というわけで、モニタライクなヘッドホンではなく、比較的味付けがしてあるヘッドホンだと思います。
傾向としては、BOSE In-earやMDR-EX700のような感じ。
ただ僕としては、EX700の方が好み。こちらの方が、音の解像度も高く素直な音。まあ、結構値段が違うけれどもねぇ。
もっとも、同じ価格帯で勝負したとしても、僕としてはEP720の方に旗を揚げる。
わりと批判的なレビューになってしまったけれども、値段を考えれば悪くないヘッドホンだとは思う。ただ、ボワッと響く低音と、高音の弱さが僕的にはダメ。たぶんお蔵入りになる可能性大。
まあ、今日のところはこんなところ。

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]