忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、GD9が帰ってきて一安心のbenoitです。
さて、早速EX700の試聴をしてみたのですが、これは中々の当たり。
環境としては、いつも通りGD9EC、KLSエンコード、楽曲は主にpillows、Perfume、ムーライダーズという偏った構成。
で、久しぶりのダイナミック型のヘッドホンの上、前回のPFR-V1が地雷だったので、あまり期待をせずに聞き始めたのですが、良い意味で期待を裏切られました。
一聴しただけで、かなりのクォリティの高さを感じられる響き方。
いろいろなレビューで評価されている通り、決して神経質なモニターライクな音ではないと思います。
ただし、キチンと音楽を楽しく聴かせる音作り。
具体的には、十分に響く低音と張りのある中音域、高音域もしっかりと鳴らしきれているという優等生な音。
低音に関しては、やはりダイナミック形だけのことはあってBA型と比較して無理の無い自然な響き方。もちろんイヤホンなので、体で感じるようなものではないのだけれども、そう錯覚させるような力があります。これは、音場が非常に広いことも影響していると思います。
中音域、ボーカルの張りも十分。生楽器なども艶のある響き方をします。ボーカルは十分鳴っており、やや前に出てくる感じですが、けっして目立ちすぎることはありませんでした。
バックグラウンドの音も十分に拾っていますが、解像度という面ではBA型のE500や10Proと比べると見劣りはします。
ただ、これに関してはモニターライクな音作りを目指しているわけではないと思いますので、問題になるようなものではないと感じました。
高音域は、良い意味で普通。特徴は無いのですが、しっかりと鳴っている感じ。
あと、特筆すべきなのは音場の広さ。カナル型としては抜群の広さがあり、小さい音がキチンと遠くに、低音が底から上がってくるような響き方。音の定位も安定しています。
というわけで、ファーストインプレッションとしては大満足。
神経質に音を追うというよりは、リラックスして楽しく鳴らしてくれる音作りで好感が持てました。E500や10Porとは違うベクトルの方向性で評価できると思います。
とりあえず、今日はこんなところ。

ではでは

あと、例によって、よろしかったらみんぽすで評価のほど、よろしくお願いいたします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございます^^
TB&コメントありがとうございました

低音もカッチリ聴けて 飽きない音でしたね^^
体感するような迫力もいいですけど、ながら聴き するときなんかは これくらいで 音量上げずにしっかり低音を聴かせてくれた方がうれしいです^^
高音も耳障りじゃないし♪
にっと URL 2008/01/24(Thu)09:22:28 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]