忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、テイルズのせいで寝不足のbenoitです。
さて、EX90は届いたばかりでエイジングもまだなのですが、とりあえずファースト・インプレッションを書いてみたいと思います。
視聴環境はiMod+Silvercab.Pro+iQubeの組み合わせ。
まず外観ですが、カナル型と言うよりはインイヤーに突起がついたような独特の形状。まあ、現在ではこの形は珍しくもないのですがEX90が発売された当時は、かなり斬新な印象を受けた覚えがあります。
ただ、独特の外観とは裏腹に装着感は良好。普通のインイヤーと同じ感覚で装着してやれば、カナル型のイヤーピースに当たる部分がシッカリと耳孔に挿入されます。
音場は、カナル型としては広い方。いわゆるインイヤーと同じような音場だと思います。カナルよりは若干遠くで鳴る感じ。
遮音性もカナルとインイヤーの中間と言ったところ。少なくとも純粋なカナル型のような遮音性はありません。音漏れは、既に各所で評価されているように盛大に漏れます。僕は人混みの中に出る事はあまりないのですが、まあ電車の中での使用はお勧めできません。
肝心の音質は、モニタ的で非常にフラットなバランスが特徴となると思います。低域~高域まで特に主張する音域はなく、素直でフラットな音。
ダイナミック型なので、十分な低音が得られ、締まりも悪くありません。というか低音のしまりに関しては、10ProやE500よりも良いかも?やはり自然な低音の鳴らし方に関してはダイナミック型の方が有利だと思います。
中音域も低音に埋もれることなく、素直に響きます。ボーカル・主旋律ともに適度に鳴り、前に出る事も埋もれる事もありません。
高音域も素直に伸びます。低域と違ってダイナミック型のイヤホンは高域は量は出ても繊細さが失われる事が多いと思うのですが、EX90はキレイな高域をキチンと出しています。いわゆる不自然なシャリつきがありませんでした。
解像度も十分な物であり、バックグラウンドの楽器などの細かい音もきっちり拾っています。全音域を通じて、特に音が一塊になるような印象はありませんでした。
音の定位は、イヤホンとしては普通。あまり細かいところまで追い込むという感じではないと思います。
残響音は、仕切れトンボではありませんが、アッサリと引いていく感じ。
音の温度も中性。モニタ的ですが、そんなに冷たいという印象は受けませんでした。
音の厚みは、若干薄いと思いますが、弱点と言うよりは傾向と表現するべきか。2MOVEとの組み合わせてやると、バランスが良いように思います。
音の硬さは、明らかに硬い傾向。エッジはややきつめ、音の立ち上がりも速いと思います。
と言うわけで、各所での評価が納得できる結果となりました。
特に気に入ったのが、モニタ的なのに冷たくない音のバランス。このために音ではなく音楽をキチンと聴かせてくれます。
これが1万円以下ののですから、コストパフォーマンスも抜群。生産終了が本当に惜しまれます。とりあえず、イヤホン好きは在庫のあるうちにEP720とEX90は買っておいた方が幸せになれるよ。
得意な楽曲は特になく、オールマイティに何でも鳴らしてくれると思います。ホントに何を聴いても素直な音です。
で、僕のレビューの最重要事項である擬人化ですが、どうもパッと浮かばない。いつもは考えることなく自然にイメージが浮かんでくるので(多分、生きていく上で一番不必要な能力)、悩んでいる時点でダメ。
これは、エイジング後の次回レビューまで保留ということで。

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
おお、EX90購入されましたか!
素直でいい音質、低い遮音性などから外での散歩用に重宝してますよ。 高音の金属的な鳴りが好きです。
名前が無いという事 2008/09/13(Sat)13:04:25 編集
無題
しゃけさん?それともninaさんかな?
釘町さんなら文字がピンクだよなぁ
何はともあれ、高音がキチンとなるダイナミック型は珍しいですよね。
benoit 2008/09/13(Sat)17:43:46 編集
無題
ゲットされたようで!おめでとですよ。
これはいいものですよー、モニタとして必要な要素はちゃんとあってしかも楽しく聴ける傑作です。
使い始めは硬めな感じですがなじんでくると低音がよりしっかり出て厚みも増しますよん。
加えて高域も鮮明ではっきり鳴るので今ではすっかりメインです。
CD900STを手軽に持ち歩きたいって欲求も満たしてくれてますし。
釘町阿梨 URL 2008/09/13(Sat)19:57:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]