忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、今更ながら自分のブログのタイトルが恥ずかしくなっているbenoitです。リンクしていただくと、僕のブログのタイトルだけ、いつも浮いてるんだよなぁorz
さて、oort-cloudさんにモディファイしていただいたiModですが、そろそろバーンインも終わり、音が落ち着いてきているのでレビューをば。
ちなみに、ドックケーブルに関しては特に指定しませんでしたので標準のMogami cable+Neutrik NYS231の組み合わせです。
いつも通り、アンプはiQube、イヤホンは10Porです。
まずバーンイン前の音ですが、この状態でもiPod classicと比較して解像度やクリアネスが上がっている事を感じられました。
ただ、この時点では音がキレイにブラッシュアップされるのに伴い、若干音が細くやせているような印象を受けました。
その後、150~200時間ほどバーンインをして現在の音。ちなみに、僕は完全に放置でバーンインしたので、何回もiModがバッテリー切れで落ちていました。たぶん、バッテリー的には好ましくない行為だと思いますので、可能だったら5,6時間で一度充電してやった方が良いかも。
で、バーンイン後の音ですが、傾向としては大きな変化はなかったと思います。しかし、当初に感じた音の線の細さが消え、若干厚みが出てきた感があります。
音のシャープさはキチンと保たれたまま、バックを包む空気の感覚が前面に出てきたと思います。当然ながら、それに伴い音の立体感や、奥行きが増して、音場が広がりました。
音のバランスはフラットだと思いますが、わずかに高音よりかもしれません。ちょっと、音が冷たい感じも受けましたが、これはiModというよりiQubeの特性が良く出てきているせいかもしれません。
トータルとしてMod化してのデメリットは全くなく、モディファイして正解だったと思います。
海外取引が不安でMod化を躊躇されている方がおりましたら、ぜひoort-cloudさんでモディファイしていただく事をお勧めします。(一応言っておきますが、別に何ももらっていませんよw)
あと、10Proで評価しておいて何ですが、普段はE500で聴いています。
こちらの方が音の厚みがまして聴きやすい音になると思いますね。ただ、E500はイヤホンの性格が強く出てしまうのでリファレンスには使用してません。好き嫌いでいったらE500が一番好き。

ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]