忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、書斎(という名の遊び部屋)が出来て趣味にいそしむ時間が増えたbenoitです。
さて、遅ればせながらDVDにてKKP#5 「TAKE OFF ~ライト三兄弟~」を観ましたので感想など。
ラーメンズのファンとはいえ、あのプラチナチケットを取って舞台を観に行く時間も気合いもないので、いつもながらのDVDによる感想。
久しぶりのKKPですが、小林賢太郎のセンスは相変わらず素晴らしい。
チョットした台詞回しや、言葉の選び方が秀逸。本当にこの人の日本語のセンスは凄いと思う。
三人という少人数の構成ながら、台詞がダラダラと締まり無く続くシーンや、誰かがフェードアウトしてしまうような事は一切無かった。
ここのキャラクターも破綻することなく、最後まで演じきられている。
ただ、一つ一つシーンは素晴らしいのだが、ストーリーを含め全体像を観ると不満は残る。
特にストーリーに関しては、あまりにも伏線が単純でラストが予想できすぎる。KKPを見に来る客層に対しては、いくらなんでも単純かつ青臭すぎないか?
まあ、コンセプトとして単純明快なストーリーをかかげているのかもしてないが、もう少し(と言うか、かなり)仕掛けが欲しかった。
飛行機が完成するまでのシーンは、非常にテンポ良く軽快に観られたが、そこから先が「はいはい、お約束、お約束。」となってしまう。
ここに、もう少しひねりが欲しかったんだけど、小林賢太郎のことだから力不足ではなく、ワザとこうしたんだろうなとは思う。
ただ、現時点ではその意図は僕に伝わってこない。
あと、飛行機制作中のスタンプ風の演出も、今ひとつ。だって、基本的にはSEにあわせて踊っているだけで、なんら技術を要するシーンが無いんだもの。
もちろん、KKPにストンプやシルクド・ソレイユみたいな肉体のパフォーマンスを求める気は、全くないのだけれど、出来ない事をやる必要はないよなぁ。
もう何回か繰り返して観れば意見が変わる可能性はあるけど、まあ、おそらく無いかと。
全体としては、「まあ、おもしろかったかな」程度。
僕は、舞台に関してはせいぜいWOWOWで年に10本観るかどうかの素人以前の観客なのだが、これが演劇ランキングで1位を取ったというのは疑問だなぁ。
まあ、小林賢太郎の作品は基本的に見続けるんだけどね。

ではでは

書き忘れていたけど、DVDの画質がものすごく悪い。VHSかと思うくらい。
かなり照度が限られた厳しい条件撮影だとは思うが、素人じゃないんだから、もう少しキチンと撮って欲しかった。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]