忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、お久しぶりのbenoitです。
ちょっと疲れがたまっていたのと、書きたいことが思想的なことばかりしか思いつかなかったので(中二病の特徴)しばらく更新をサボってました。
それでも、アクセスしていただき、おかげさまで10000アクセスを超えました。本当にありがとうございます。
まあ、10000HIT踏んだのは僕ですけどね。

さて、今日は先日購入したNespresso C180Wについてレビューしたいと思います。
これは、ネスカフェで有名なネスレから発売されているエスプレッソマシンです。やはり、ネスカフェというとチープなインスタントコーヒーを創造される方が多いと思います。
はたして、このネスプレッソも、ある意味ではインスタントといえます。ただし、決してチープなものではありません。
ネスプレッソ専用のコーヒー豆が密封された特別なカプセルを使用して、エスプレッソを入れるシステムになっています。いわゆるポッドと似たシステムなのですが、密封の度合いがより厳密なためポッドと比較しても豆の鮮度保たれるように作られています。
また、このカプセルシステムにより後片付けも非常に楽になっています。エスプレッソはキチンと豆をひくところから始めると、結構手間がかかるので気軽にエスプレッソを楽しみたい方にはお勧めですね。
ただし、ある程度以上のレベルを求めるのなら、やはりお勧めはできません。コーヒーやエスプレッソ(両者は、まったくの別物と言っていいほど差がある飲み物です)は、なかなか奥が深く同じ豆を使用したとしても、淹れかたや、人によって全く違う飲み物になります。
エスプレッソの本場イタリアでは、バリスタといってエスプレッソ淹れることを専門とする職業があるくらいです。
ここでエスプレッソについて語りだすと、例によってその2に続いてしまいますので、詳しくはここを参照してみてください。僕が、エスプレッソにはまるきっかけになったサイトで、エスプレッソ好きのバイブルと言っても良いサイトだと思います。

なんか語尾が、全部「ます。」で終わっていて小学生の作文みたいになってしまいましたが、休養明けということで勘弁してください。
ではでは

エスプレッソに興味がわいた方はこっちも読んでみてください。

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
なるほど。。。
確かに、バリスタが目の前で煎れてくれたエスプレッソに比べたら・・・比較する以前の問題でしょうかね。。これがあったら気軽に作るかな?と思ったのですが、当分はノーマルのコーヒーをミルで挽いて原始的な方法でコーヒーを楽しみたいと思います♪
mayuzou URL 2006/10/27(Fri)11:55:56 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]