忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、「邪魅の雫」がぜんぜん読み進めないbenoitです。活字を追うのが遅くなったような気がする…
さて、前回エスプレッソの淹れ方までは書いたのですが、楽しみ方を書いていないことに気付き、せっかくなので言いたいことを全部書いてしまおうかと思います。
まあ、もちろん楽しみ方なんていうものは、それぞれの勝手であり好きなように飲めばよいと思うのですが、国によって飲み方にも違いがあり、面白いので書かせてください。
まず、エスプレッソの本場イタリアですが、ここではバールと呼ばれるカフェでデザート感覚で砂糖やフレーバーシロップを入れて、サッと飲みきってしまうのが作法のようです。
ちょっと一杯引っ掛けるといった感じでしょうか。
一方、スターバックスなどで有名なシアトル風の飲み方ですが、これは味覚の砂漠アメリカらしく、とにかくクリーム・砂糖・シロップをドバドバと入れて、元のエスプレッソの味など判らないようにして飲みます。スタバの豆などはかなり質が悪いものを使用しているのですが、こういった飲み方であれば、ある意味正解ではないかと思います。どうせ、元の豆の味など消し飛んでしまうのですから。もちろん、フェアトレード豆の使用など望むべくもありません。まことに申し訳ありません。スタバではフェアトレード豆の販売をしておりました。謝罪と訂正をさせていただきますが、自戒の意味を込めてあえてさらしておきます。
さて、我らが日本ですが、これはブラックで飲まれる方が非常に多いようです。まあ、これに関しては文献を読んだわけではなくソースも不確実なのですが、少なくともWEBをあさった限りは、あまり事実から離れていないんではないかと思います。ウィスキーなんかでも同じような話を聞いたことがあるので、日本人は生を味わうのが好きなんでしょうかね。
こんな風に同じ飲み物をとっても、お国柄が出るのが面白いですね。
ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
2年ほど前に会社の研修旅行でイタリアに行った時ですが、本当にイタリア人はBAR好き。
ホテルからタクシーを手配して会社の取引先に言ったときのことですが、運転手さんに先方とのアポの時間を伝えているにも関わらず、高速道路SAにあるBARでエスプレッソを1杯。おかげで1時間近く遅刻してしまったことを覚えています。

そして、イタリアのシニョールは、カップの底に溶けきれずに沈んだ砂糖をスプーンですくって「ペロッ」とやっていました。
あひる 2006/11/04(Sat)01:49:03 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]