忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、いまだに咳が続いているbenoitです。一度、胸部レントゲンでも撮ろうかな。
さて、先日ほんとに久しぶりに上京をしてきました。嫁さんが実家に用事があるので、そのついで。
土曜日は、前回宿泊して気に入ったのでマンダリンオリエンタル東京に宿泊。
ただ、このホテルサービスも部屋も良いのだがお値段が高い。今回は一番安い部屋に止まろうと思ったのだが、直前の予約で部屋がとれず強制的に、やや高めのお部屋へorz
前回と変わらずサービスの質は高かった。ただ、2回目の宿泊なので、やはり初回のような感動は無い。まあ、これは当然といえば当然か。
食事は、嫁さんと二人でホテル内のアジアンレストランの「ケシキ」へ。
このレストラン、アジアンな雰囲気をかもし出すためか、僕らのテーブルに付いた方は東南アジア系の方。
もちろん、それは全くかまわないのだが日本語の能力が今ひとつ。
「ノンアルコールカクテルは、ありますか?」
「ノンアルコールビールがあります。」
「いや、ビールじゃなくて、カクテルはありますか?」
「…(無言)」
とか
「この、マスカルポーネのデザートは、どんなデザートですか?」
「チーズです。」
(そりゃ、判ってるよ!!)
などの楽しい会話となってしまいました。
まあ多分、僕がブラッド・ピッドに似ているので英語圏担当の方がテーブルに付いてしまったんだと思います。
ただ、料理そのものは非常においしくいただきました。
特にメインが魚、海老、肉と続いたので、量的にも十分に満足できました。その中でも、オマール海老が、あまり食べたことの無いアジアンな味付けで気に入りました。
あと、食後のコーヒーは、ここでもカフェ・アメリカーノが出てきた。
これは声を大にして言いたいのだが、「ドリップコーヒー」と「カフェ・アメリカーノ」はまったく別の飲み物です。それなのに、けっこう名の通ったレストランでもコーヒーと言いながら平気でカフェ・アメリカーノを出してくる。
これは、全自動のエスプレッソマシンが普及したせいだと思うのだが、とにかく勘弁して欲しい。エスプレッソが飲みたければ、キチンとエスプレッソを注文するから、コーヒーというからにはコーヒーを持ってきて欲しい。
コーヒーは食事の最後を締めくくる飲み物なのだから、もっと重要視されて良いと思う。
カフェ・アメリカーノやサーバーに置いてあるコーヒーを持ってくるのは止めて欲しい。理想的には、何種類かの豆やブレンドの中からチョイスさせてもらえればよいのだが、そこまで行かなくても、キチンと注文を受けてからドリップをするのが最低限のルールじゃないだろうか。
また、フレンチやイタリアンでパティシエを置くのなら、同様にバリスタを置いたって罰は当たらないと思う。
なんて事を嫁さんに熱く語っていたら、「そういう人は、喫茶店に行ったら。」との事。そりゃ、そうだorz
その後、嫁さんとバーへ移動。
週末のバーなので結構混んでいた。ここで面白かったのが、バーテンダーが全員女性だったと事。
ただ僕は、基本的にバーというのは女性を口説くため(もしくは男性に口説かれるため)の場所だと思っているので、バーテンダーが全員女性という状況は、どうか?

とりあえず、初日はこんなところ。
ではでは

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]