忍者ブログ
日記ブログのはずが、いつのまにか雑多なレビュー集になっていました。現在は、オーディオ初心者のbenoitを生暖かく見守るブログになっています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ども、徐々に病院のIT化を推進しているbenoitです。
さて、昨日はiMacのデザインの悪さと比較する意味でNOMOSのTANGENTEを例に挙げてみました。
当然のことながら、TANGENTEに対していろいろと資料をあさっていたら、当然のことながらTANGENTEが欲しくなってきました。
まあ、これはいつもの事なので普段だったら、じっと心を丸めて物欲の波をやり過ごすのですが、今回はちょうどムシャクシャすることがあったので、物欲の波に乗ってしまいましたw
以前から、NOMOSは一本欲しかったので、ちょうど良いといえばちょうど良いんですけどね。
たぶん、今週末には届く予定なので、久しぶりに気合を入れてレビューを書く予定。

ではでは

拍手[0回]

PR
ども、先日の事件で落ち込んでいたbenoitですが、失意に反して、今のところ僕のマスター・ジオグラフィークは順調に時を刻んでおります。
いやー、良かった。
マスターシリーズは、繊細なイメージがあったんだけど、けっこうタフなんだな。Viva JL!!
これは感謝の意も含め、久しぶりに腕時計のレビューを書くしかないだろうと思ったのだが、ちょっと時間がない。
まあ、でも今週末に時間があったら書く予定。

ではでは

拍手[0回]

ども、夏場は患者さんが少なくて行く先に不安を覚えるbenoitです。

今回は、久しぶりに腕時計の話題でもしていきたいと思います。
ところで、皆さんは1日のうちで、どのくらいの時間腕時計をしてるでしょうか?
最近では、携帯があるから腕時計はしないという方や、仕事中だけつけるという方も多いのではないかと思います。
ちなみに僕は①「ほぼ24時間腕時計をつけています」
暇なときには、よくチラチラ時計を見ていますが時間を確認しているわけではありません。時計そのものを見ています。
新しい腕時計を買ったときなんかは時間を見ようとして、時計に惚れ惚れしてしまい何時か確認するのを忘れることなんて日常茶飯事です。
そんな、ちょっとおかしい時計に固執する僕は、寝るときでも腕時計をしたままですし、②ダイバーズウォッチを着けているときは風呂に入るときにもはずしません。
ちなみに、③最近は以前紹介したことがあるアクアノートを着けていることが、ほとんどです。
④昨日は久しぶりに、上京したので気分転換にJLのマスター・ジオグラフィーク(非防水)に腕時計を変えました。

以上の①から④をふまえた上で、疲れて帰ってきた男が何も考えずに普段どおりに風呂に入ったと想像してみてください。
「あー、疲れた。やっぱり日本人はお風呂ですよ、お風呂。」
ザブン
(あれ、何で皮ベルト?)→タイトルへ

拍手[0回]

ども、最近ノーチの話題ばかりのbenoitです。
昨日、2chを見ていたら、なんと既に5712が届いた人がうpをしていた。
うpした人の腕が細いのかもしれないけど、思いのほか大きく見える。大きい時計をしたいのならパネライでもするので、あまり大きく見えるのもいかながなものか。
実際に届いて僕の腕にフィットするか不安になってきた。
初めての、予約買いなのでいろいろと心配です。

しかし、もう届いた人がいるのに僕の5712は年越し決定です。>ガンガレ、HG銀座。

拍手[0回]

ども、急性の胃腸炎をもらってしまったbenoitです。気分悪いよ…
さて、前回も紹介した5712ですが、入手前からチョット気になることがあります。
この5712は、ノーチラスとはいえプチコンであり、ケースにプッシュボタンがあるため12気圧防水ではなく6気圧防水になっています。
まあ、日常生活で使用する分には全く問題ないですし、そもそも12気圧防水では泳ぐときには使えませんので、大きなデメリットではないともいえます。しかし、趣味と言う分野では「こだわり」が全てにおいて優先されます。
僕としては「ノーチラスを名乗るなら12気圧防水は維持して欲しかった」というのが正直な感想です。
ただ、この6気圧防水仕様は3712からなので、しょうがないかなとも思っていました。
ところが今回、他のラインアップを見てみると5712よりもプッシュボタンが多い5890(クロノグラフ)が12気圧防水を維持しているではありませんか。これは、ちょっと不愉快です。
5890はお値段的にもデザイン的にも全く興味がないのですが、こうなると5712だけが6気圧防水と言うのは納得いきません。しかも、ケースは使い回しではなく新作のケースなのです。これはもう、やる気の問題としか思えません。
最近のパテックやヴァシュロンは、どうも細かいところで手を抜く傾向があるので、ぜひとも一流メゾンの名に恥じない時計を作っていただきたい。(有名な話としては、ヴァシュロンはCal.1400では組み立てた時点で見えないところの部品は磨いていません)
うかうかしてると、ランゲやルクルトに抜かれるぞ。
ではでは

人気blogランキングへ 気に入りましたらクリックお願いします。

拍手[0回]

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[03/04 名前が無いという事]
[01/23 脱衣所用 遠赤外線タオル乾燥&ヒーターをご紹介します ]
[11/05 !]
[10/07 たけ]
[10/04 benoit]
書いている人
HN:
benoit
性別:
男性
職業:
ホワイトブルーワーカー
趣味:
腕時計、デジモノガジェット集め
自己紹介:
30代半ば、2児の父です。
好きなものは、腕時計、デジモノ、ヘッドホンなど。
ブログ内検索
カウンター
wiki
Wikipedia Affiliate Button
フリーエリア
忍者ブログ [PR]